So-net無料ブログ作成

「天安門」学生指導者?中国大使館に侵入(読売新聞)

 4日午後2時30分頃、東京都港区元麻布の中国大使館で、男が柵を乗り越えて敷地内に侵入した。

 男は警戒中の警視庁機動隊員に取り押さえられ、麻布署に建造物侵入容疑で現行犯逮捕された。男は1989年6月4日に起きた天安門事件の学生指導者、ウアルカイシ氏(42)だと名乗っており、同庁で身元を確認している。

 同庁幹部によると、男は4日午後1時30分頃から、5、6人の仲間と同大使館前で、中国語で抗議活動を行っていたが、突然、機動隊員の制止を振り切って、柵を乗り越えたという。調べに対し、「弁護士が来るまで話さない」と供述しているという。

 ウアルカイシ氏は天安門事件後、海外に亡命し、政治評論家などとして活動している。

菅内閣、閣僚たちはこんな人(産経新聞)
「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕(産経新聞)
阿久根市長を降格人事で告発…職員側弁護団(読売新聞)
考えただけでも涎が…仙台放送・原英里奈アナウンサー(産経新聞)
大阪府庁に火を噴く巨大ロボ登場(産経新聞)

口蹄疫 特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に対処するための特別措置法が28日、参院本会議で全会一致で可決・成立した。まん延防止のため、未感染の家畜を強制的に殺処分できるように規定したほか、殺処分に対して国が損失補償を手厚くするなどの内容。現行の家畜伝染病予防法を補完するもので、12年3月までの時限立法。1000億円の財政措置を講じる。

 感染拡大を防止するためにやむを得ない場合、国の指定地域で、都道府県が未感染の家畜も強制的に殺処分できるとした。

 宮崎県央部の発生地では殺処分後の家畜の埋却地の選定が難航したため、ウイルスを排出する家畜の殺処分が進まず、感染拡大の要因とみられているが、特措法は家畜所有者に代わって都道府県側が焼却や埋却ができると明記した。

 また、発生地域の道路などにある消毒場所の通行者(車両)に対して消毒を義務付けた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
<関連写真特集>口蹄疫、感染拡大が深刻化
<関連記事>口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
<関連記事>口蹄疫:特措法成立へ 処分費用は国負担…民自公合意
<関連記事>口蹄疫:九州地方知事会が対策の強化・充実を要望
<関連記事>口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ

郵政法案きょう衆院採決へ 野党は猛反発 不信任案など連発で徹底抗戦(産経新聞)
普天間問題 鳩山首相が陳謝、続投表明…記者会見(毎日新聞)
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(産経新聞)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
<交通事故>パトカーから逃げ、高校生ら重傷 無免許でオートバイ運転−−郡山(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。